総合 > 延岡病院の紹介 > DPCデータに基づく病院情報の公表

延岡病院の紹介

DPCデータに基づく病院情報の公表

平成29年度 宮崎県立延岡 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分0~10~20~30~40~50~ 60~70~80~90~
患者数 1060 198 212 306 429 647 1364 1578 1451 282
【解説】
高齢化社会を反映して、60歳以上の患者さんの割合が全体の62%、70歳以上の患者さんの割合が44%となっています。
一方、周産期センター、小児病棟を有していることから、10歳未満の患者さんの割合が14%となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 150 15.39 16.48 0.00% 69.93 患者用パス
 
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 85 9.76 11.99 0.00% 65.40  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 54 16.48 20.83 35.19% 84.09  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 45 14.42 19.65 11.11% 75.58  
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2 5あり 40 36.83 24.70 0.00% 76.50  
【解説】
宮崎県北地区には血液疾患の治療を行う専門施設が当院しかなく、血液の悪性腫瘍の治療は当院でしかおこなっていません。そのため患者数1位の非ホジキンリンパ腫の治療は宮崎県北地区では当院のみとなっています。抗悪性腫瘍薬の治療を主におこなっていますが、患者数は増加傾向にあります。呼吸器疾患についても県北地域の専門施設が当院のみとなっており、肺がん、間質性肺炎などの特殊な呼吸器疾患は当院に紹介されます。平成28年7月から当院呼吸器外科が解説され、肺の悪性腫瘍の患者さんの治療が、手術から抗がん剤治療、放射線治療まで協働して行えるようになりました。
内科では悪性腫瘍に対して化学療法と放射線治療をおこなっています。分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬の出現により治療の選択肢が増加していますが、いずれも当院にて対応が可能です。
近年、高齢化に伴い誤嚥性肺炎が増加しています。急性期の治療を当院にておこない、その後は転院にて治療を継続するシステム作りが急務となっています。
小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 237 5.69 6.32 0.00% 1.54  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 101 3.79 5.50 0.99% 2.30  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 47 3.96 5.94 2.13% 1.30  
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 43 4.93 6.03 2.33% 2.51 患者用パス
030270xxxxxxxx 上気道炎 36 4.22 4.84 2.78% 1.50  
【解説】
当院は、宮崎県北で唯一小児の入院を受け入れている病院です。近隣の小児科クリニックや内科から、感冒、発熱などの急性疾患に罹患した小児が毎日、紹介で来られるために、ぜんそく、ウイルス性腸炎、急性気管支炎、インフルエンザ感染症などの呼吸器疾患の患者が多数を占めています。
ロタウイルス腸炎やノロウイルス腸炎などは感染力が強く、乳児の場合、嘔吐や下痢で容易に脱水症になるために、流行期間には入院患者が増えます。小児は、急性上気道炎から気管支炎、細気管支炎など容易に下気道感染症に病気が進行しやすいので、RSウイルスやヒトメタニューモウイルスが流行する7月以降に入院症例が増える傾向があります。酸素化が改善せず、集中管理が必要な場合は、当院ICUでの管理を行っています。重症例では、宮崎大学附属病院小児科、熊本大学附属病院小児科、熊本赤十字病院小児科、宮崎病院小児科など他院と連携しながら治療を行ったり、必要時には救急車やドクターヘリ、防災ヘリで患者搬送を行っています。他には、重症心身障害児やてんかん、腎疾患、低身長など慢性疾患の患者対応も定期外来で行っています。
当院のNICUは産婦人科医が管理を行っているので、直接、小児科医が治療することはありませんが、一部分担してNICU当直も行っているので、新生児の蘇生の現場に立ち会うこともあります。当院で出生した赤ちゃんは、小児科医師が1ヶ月検診を行った後に、かかりつけの医療機関に行ってもらっています。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 63 11.11 10.61 6.35% 75.49  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 15.72 15.61 8.00% 75.44  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 8.86 7.40 0.00% 61.14  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 18 5.72 5.56 26.89 0.00%  
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 18 9.22 10.15 70.78 0.00% 患者用パス
【解説】
消化器および乳腺疾患に取り組んでいますが、疾患の頻度からは結腸悪性腫瘍と胆道系の結石治療、乳房悪性腫瘍の治療が上位を占めました。
結腸悪性腫瘍は、約80%は腹腔鏡下に手術を行っています。
胆道結石については、胆襄結石はほとんどが腹腔鏡下胆襄摘出術を、総胆管結石は内視鏡下に採石を行っています。
乳房悪性腫瘍についてはほとんどが手術を施行しています。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 177 23.98 27.09 77.97% 83.15 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 63 24.16 25.09 49.21% 77.22  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 49 26.61 23.14 34.69% 69.41 患者用パス
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等 22 38.68 26.82 90.91% 73.41  
160720xx01xx0x 膝関節周辺骨折・脱臼 20 18.40 13.35 25.00% 69.75  
【解説】
もっとも患者数が多かったのは、股関節大腿近位骨折です。骨折型により骨折観血的手術と人工骨頭挿入術を選択します。
2番目は膝関節症の患者さんです。人工関節置換術や関節鏡による滑膜切除術などを行っています。
3番目は股関節症の患者さんです。治療としては人工関節置換術を行っています。4番目は足関節周囲骨折、脱臼です。転落などの外傷が多いです。5番目は上腕骨や鎖骨の骨折です。
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 20.60 19.10 63.16% 69.72  
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 33 14.45 11.75 21.21% 79.79 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 12.27 6.32 22.73% 68.36  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 11.65 7.34 20.00% 53.80  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 13.29 9.68 35.29% 73.47  
【解説】
1位は高血圧性脳内出血などの外傷によらない頭蓋内血腫です。手術になることは少なく、血圧コントロール、抗脳浮腫などの治療及びリハビリが主体となります。意識障害や手足の麻痺などの症状が持続するため、長期のリハビリが必要となり、転院率が高くなります。
2位は外傷によらない硬膜下血腫です。硬膜と脳の間に血腫ができる疾患で高齢者に多く、穿孔洗浄術を行います。
3位はてんかん発作で初発例、再発例ともにあります。内服コントロールが主体となります。
4,5位は頭部打撲等の外傷による頭蓋内損傷です。軽症症例が比較的多く、転院となることは少ないようです。
呼吸器外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 47 12.17 12.35 2.13% 69.21 肺切除術.pdf 
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり手術・処置等2 なし 36 4.64 3.59 2.78% 72.89  
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 19 16.47 21.34 0.00% 68.05  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 15 8.73 11.99 0.00% 66.33  
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 14.08 10.04 7.69% 32.00  
【解説】
肺の悪性腫瘍に対しては診断、手術、放射線治療、化学療法を呼吸器内科と共に一貫して行っています。術前ほとんどの症例で気管支鏡検査を行います。外来でも検査は可能ですが、入院による検査では鎮静剤を多めに使えるので、苦痛をほとんど感じず患者さんは楽に検査が受けられます。原則1~2泊の短期入院で行います。(上記データの2番目が検査入院の症例ですが、在院日数が原則より長くなっています。これは、検査前後、胸水ドレナージや血糖コントロールの必要が生じるなどして、入院日数がやや長めになった症例を含んでいるためです。)
手術症例は、術前後のリハビリと積極的疼痛管理を重視し、低い合併症発生率と術後疼痛0を目指しています。手術は痛みや体への負担が少ない完全胸腔鏡下手術をほとんどの症例で行っています。
化学療法は進行肺癌の術前後や、再発症例に対して行い、最新の抗がん剤を用いています。初回の抗がん剤治療は入院で行いますが治療が軌道に乗れば外来化学療法に移行します。つらい副作用の予防とサポート、速やかな外来治療への移行を入院にて行います。
心臓血管外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 21 2.00 3.20 0.00% 67.81  
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし手術・処置等2 なし 18 23.89 17.95 11.11% 78.44  
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 5.57 5.68 14.29% 78.29  
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 11 29.45 23.93 9.09% 70.09  
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし - - 12.51 - -  
【解説】
当科では、成人を対象に、心臓弁膜症や狭心症、胸部および腹部大血管の疾患、四肢の末梢動静脈の疾患の治療を行っています。
平成29年度の入院患者さんのうち最も多かったのが、静脈およびリンパ管の疾患で、その中でも多かったのが下肢静脈瘤の患者さんです。
症例数第2位は、解離性大動脈瘤に対して、手術を行わず、安静・降圧治療を行った患者さんです。
第3位は、閉塞性動脈硬化症に対して、カテーテルを用いて動脈の拡張やステントの留置を行い、血流を再建した患者さんです。
第4位は、心臓弁膜症による不全に対して、人工弁を用いた心臓弁置換術の患者さんで、その中でも大動脈弁疾患の患者さんが多くなっています。
第5位は、腹部大動脈瘤の疾患で、開腹による手術ではなく、経皮的にステント内挿術を行った患者さんです。
産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 96 4.70 6.18 11.46% 0.00  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 68 10.90 9.91 1.47% 47.26  
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 59 9.75 12.94 0.00% 49.37  
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 44 15.55 11.49 4.55% 0.00  
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 40 10.35 10.27 0.00% 49.15  
【解説】
当科では産婦人科に加えて周産期科としてNICUの症例も取り扱っていますので、新生児疾患が含まれております。症例数第1位の分類は、新生児低血糖、2,500g以上の早産児、新生児仮死、甲状腺機能亢進症の母親から生まれた児で甲状腺検査が必要であった児、血液不適合の児、新生児黄疸、新生児一過性多呼吸、新生児敗血症、発熱等様々な新生児が含まれています。
第2位は子宮筋腫、子宮腺筋症等の良性の子宮疾患で、腹式単純子宮全摘術、膣式子宮全摘術を行っています。
第3位は子宮頚癌、子宮体癌の分類で手術療法に加えて、必要があれば、放射線療法、化学療法も行っています。
第4位は、2,500g未満の低出生体重児で、NICUで管理しています。
第5位は良性の卵巣腫瘍症例で、開腹手術を主に行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 89 8.67 8.01 0.00% 19.63  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 45 5.47 5.48 0.00% 38.09  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 33 9.58 7.23 0.00% 54.45  
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 18 8.89 7.58 0.00% 58.00  
030428xxxxxxxx 突発性難聴 18 8.56 9.18 0.00% 47.78  
【解説】
周囲に入院、手術対応可能な耳鼻咽喉科施設がないため、
全国の耳鼻咽喉科でも広く行われている、扁桃摘出、副鼻腔手術が多くなっております。

また、同様の理由で、入院加療が必要な急性感染性疾患、突発性難聴も多くなっています。
外傷性疾患や良性腫瘍、悪性腫瘍にも対応しており、診断群は多岐にわたっています。
皮膚科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 18 4.33 4.14 0.00% 22.33  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 11 9.00 11.73 0.00% 52.73  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 10 6.40 8.50 0.00% 83.10  







 








【解説】
良性新生物とは、皮膚や皮下組織にできた良性の腫瘤等で、転移や過剰な増殖の可能性がない腫瘍です。成人では脂肪腫やアテローム、小児では毛母腫の患者さんが多く受診されます。外来での切除が困難な腫瘍については、入院で行っています。
急性膿皮症とは、蜂窩織炎(ほうかしきえん)等の皮膚や皮下組織の感染症です。下肢に発症することが多いため、抗生剤の点滴と患部の安静のため入院加療が原則です。皮膚の悪性腫瘍には悪性黒色腫、基底細胞癌、有棘細胞癌などがありますが、悪性黒色腫は専門的な検査、治療が必要になるため、宮崎大学病院と連携して対応しています。基底細胞癌や有棘細胞癌は確実な切除と定期的な観察経過が必要です。黒色腫以外の皮膚悪性腫瘍切除術は当院で行っています。
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 58 4.83 5.75 0.00% 62.19  
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし手術・処置等2 なし 37 6.22 7.31 0.00% 75.46  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 13 8.15 12.34 7.69% 65.38  
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 10 10.80 12.30 0.00% 60.00  
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし - - 11.29 - -  
【解説】
入院患者数は上部尿路結石に対して手術を行った症例が58件と最多でした。膀胱癌に対して経尿道的手術を行った症例が37件と2番目に多かった。次いで腎盂腎炎等の尿路感染症症例、腎癌等に対して手術を行った症例の順となっています。
循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 277 3.35 3.03 1.81% 69.09  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 273 5.16 4.62 0.73% 70.65  
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 131 3.14 3.19 0.00% 70.89  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 90 15.86 17.71 25.56% 81.22  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 84 15.01 12.72 5.95% 71.25  
【解説】
①狭心症にて心臓カテーテル検査を行った患者分類。②狭心症で経皮的冠動脈インターベンションPCIを行った患者分類。③狭心症にて心臓カテーテル検査および付随する検査(冠動脈血流予備量比FFR,光干渉断層像OCT、血管内超音波IVUS)を行った患者分類。④心不全にて内科的治療を行った患者群。⑤急性心筋梗塞にてPCIを行った患者分類です。
狭心症の最終診断は画像検査で行います。近年は外来で造影CTによって診断できる症例が増えました。しかし、狭窄率が高度になると、内服治療か血行再建をするかの評価が必要です。このために行う心臓カテーテル検査が患者数①位の患者分類です。
心臓カテーテル検査を行う際にさらに詳細な検査(FFR、OCT,IVUS)を追加し、PCIの適応を判断することがあります。これが患者数③位の患者分類です。
カテーテルによる血行再建(経皮的冠動脈形成術あるいはステント留置術)が必要と判断した場合、先端に数ミリのバルーンがついたカテーテルを病変部に挿入して拡張し、必要に応じてステントと呼ばれる金属製の補強材を内挿します。程度によりますが、速ければ手術は20-30分で終了し、3泊4日の入院で完了する侵襲の低い手術で、体力のない高齢者でも受けることができます。この手術による入院が患者数②位の分類です。
冠動脈の狭窄が進行し閉塞をきたすと急性心筋梗塞を発症します。速やかに再灌流を行うためにPCIを行うのが患者数⑤位の分類です。
急性心筋梗塞などで心機能が低下すると呼吸困難や浮腫を来たし心不全を発症します。このための治療を行った患者群が④位の分類です。
救急科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 2.00 3.58 20.83% 50.13  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 4.26 9.68 8.70% 65.30  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 2.44 7.34 5.56% 35.61  
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2 なし 16 1.94 4.01 0.00% 53.06  








【解説】
平成29年度の入院受け入れ総数は453件、累計では2069人(前年度比較 1989%)と、診療体制の変更から当科の入院受け入れ数が増加いたしました。
疾患別では、医薬品中毒が多数を占める薬物中毒が24件と最多です。
疾患分類としては外傷・外因性疾患を受け入れております。専門的手術が必要な場合は専門科(外科・呼吸器外科・脳外科・整形外科・皮膚科など)に依頼し手術を行っておりますが、気管切開、胸腔ドレーン留置などの処置・小手術は当科にて施行しております。当科の診療体制の変化にて、外傷初期診療の救命率向上も図られております。引き続き、全身管理を含む集中治療管理を当科で行い、救命率向上を目指します。
外因性疾患に関しては、近年の環境変化から熱中症および低体温症などの環境要因に伴う疾患も当科にて受け入れております。いずれも、高齢の方の入院が多数を占めております。また、外部要因ではアレルギーの重症型であるアナフィラキシー症例を多く受け入れており、今後の他科の診療体制の変化から当科での外来フォローも検討しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 12 - - 18 - - 1 6,7
大腸癌 - 13 23 19 19 14 1 6,7
乳癌 - 14 - - 13 - 1 7
肺癌 57 15 35 86 - 17 1 6,7
肝癌 - - - - - - - -

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【解説】
UICC病期分類でStageⅠからStageⅣに分類されています。「初発」とは、当院入院で、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指し、延べ患者数とします。
「不明」とは、治療前の情報のみでは正確な病期分類ができていないことを指します。
「再発」とは、初回治療が完了した後、当院で患者を診察した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指し、延べ患者数となっています。
がん腫で患者数が一番多いのは肺がんとなっています。H28年度7月に呼吸器外科が新設されて、当院にて診断から手術、術後の放射線治療、化学療法まで一貫して行えるようになりました。肺がんではStageⅣが一番多くなっていますが、前年度との比較で言うと、StageⅠの患者さんが増えています。
また、当院は宮崎県がん診療指定病院となっており、がん看護専門看護師、がん化学療法認定看護師が患者さんやご家族をサポートするとともに、院内に設置されたがん相談支援センターでは、がんに関するあらゆる相談に対応するなどがん患者さんへの支援体制を整えています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
  患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 31 15.84 73.45
重症 10 15.40 85.70
超重症 13 22.08 82.77
不明 - - -
【解説】
嚥下性肺炎やウイルス性肺炎は含まれず市中肺炎(社会生活を送っている中で罹患した肺炎)のみの統計となります。
高齢者がかかると重症になる事が多い疾患で中等症の患者が一番多くなっています。重症度に比例して平均在院日数、平均年齢が上がる傾向がみられるといわれています。
当院のデータにおいても、外れ値(中等症の患者さんで在院日数が100日を超えた方、重症の患者さんで飛び抜けて高齢の方)を除外すると、同様の傾向が見られます。
脳梗塞の患者数等
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内 62 23.08 72.15 64.52
その他



【解説】
当院では第二次救急医療として24時間受付の救急外来があり、脳梗塞を発症から3日以内に受診された重症な患者です。
昨年度と比較して患者数は26名増え、平均在院日数は、10日ほど短くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 52 0.94 4.06 0.00% 67.19  
K610-3 内シャント設置術 27 9.15 14.41 11.11% 68.26  
K654 内視鏡的消化管止血術 12 3.17 18.33 33.33% 75.83  
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満)  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上)  
【解説】
最も多く行われた手術は、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)です。下部消化管内視鏡検査で大腸ポリープが見つかった場合は、検査から治療に切り替えてポリープ切除を行います。高齢の患者さんも多いため、安全確保のため入院することがあります。原則1泊入院としていますが、術後の状況や併存疾患との兼ね合いによりやや長めの入院となることがあります。
第2位は内シャント手術です。地域の透析病院と連携し手術をおこなっています。
第3位は内視鏡的消化管止血術です。吐血の患者さんに対し、緊急で施行することが多い術式です。
小児科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7151 腸閉塞症手術(腸重積症整復術)(非観血的なもの)  
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満)  
K653-2 食道・胃内異物除去摘出術(マグネットカテーテルによるもの)  
















【解説】
小児科で手術を行うことはありませんが、腸重積に対する整復は小児科医が行っています。腸重積は、時間がたつと保存的に整復するのが難しくなります。当院には小児外科がないので、小児科医による整復で腸重積を治せない場合には、宮崎市内の小児外科のある施設に整復をお願いしています。
頸部リンパ節や鼠径リンパ節腫脹で紹介いただいた患者様は、当院皮膚科との共診で生検や穿刺吸引したりして、悪性疾患または感染性リンパ節炎との鑑別を行い、治療にあたっています。
年間、10例前後の異物誤嚥の対応を行っています。誤飲したものによっては、経過観察をおこなう場合もありますが、ボタン電池など緊急性の高いものは透視下でマグネットカテーテルでの摘出を行っています。摘出不能例は、内科医師による胃内視鏡摘出術を試みたり、宮崎市内の小児外科のある施設にお願いするケースもあります。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 50 1.28 3.06 2.00% 55.06  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 48 1.83 5.90 0.00% 68.46  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 45 3.04 8.71 15.56% 75.44  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 43 2.16 4.93 0.00% 63.77  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 28 0.68 1.25 0.00% 65.93  
【解説】
最も多く行われた手術は、鼠径ヘルニア手術です。腹腔鏡下手術も対応しています。
2番目に多い手術は、消化器や呼吸器の悪性腫瘍に対して安全に化学療法を行うことを目的に埋め込み型カテーテルを体内に埋め込む治療です。化学療法を行う患者さんが増加したため、近年増加しています。
3番目は内視鏡下胆道ステント留置です。重篤な胆管炎や膵胆道系悪性腫瘍による黄胆に対する治療として最近増加しています。
4番目の腹腔鏡下胆襄摘出術です。炎症が高度で操作の安全性が担保出来ない場合は開腹手術に移行することがありますが90%以上は腹腔鏡手術で完遂しています。
5番目は内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。治療時に出血や穿孔の危険性がある場合は1泊の入院経過観察を行います。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿、上腕) 138 3.01 20.21 69.57% 81.69  
K0821 人工関節置換術(膝、股) 115 1.41 23.45 42.61% 73.70 患者用パス
K0811 人工骨頭挿入術(股) 69 4.19 19.62 84.06% 81.30  
K0462 骨折観血的手術(下腿、前腕) 44 2.82 16.73 43.18% 59.32  
K0731 関節内骨折観血的手術(股、肘、膝) 32 4.00 17.09 65.63% 69.41  
【解説】
最も多く行われた手術は、骨折観血的手術(肩甲骨・大腿・上腕)、3 番目は人工骨頭挿入術(肩・股)です。
どちらも軽微な転倒などで発生する高齢者に多い骨折です。骨折観血的手術は、折れた骨をできる限り元の位置に戻して、プレートや髄内釘で固定する方法、人工骨頭挿入術は、折れた骨頭(骨の先端部分)を人工の骨頭に入れ替える方法です。地域連携パスを用い、手術後のリハビリがスムーズになるようにしています。2番目は人工関節置換術(肩、股、膝)です。主に変形性関節症に対する治療です。
4番目、5番目はは骨折観血的手術(前腕、下腿),関節内骨折観血的手術(股、肘、膝)で、若年者の交通外傷やスポーツ外傷などや、高齢者の軽微な転倒による骨折に対する手術に2極化しています。

高齢者は軽微な転倒などで骨折することがよくあります。手術数1番目の骨折観血的手術(肩甲骨・大腿・上腕)と3 番目の人工骨頭挿入術(肩・股)はそのような患者さん対して行われる手術となります。
骨折観血的手術は、折れた骨をできる限り元の位置に戻して、プレートや髄内釘で固定する方法、人工骨頭挿入術は、折れた骨頭(骨の先端部分)を人工の骨頭に入れ替える方法です。地域連携パスを用い、手術後のリハビリがスムーズになるようにしています。
2番目は人工関節置換術(肩、股、膝)です。主に変形性関節症に対する治療です。
4番目、5番目は骨折観血的手術(前腕、下腿),関節内骨折観血的手術(股、肘、膝)で、若年者の交通外傷やスポーツ外傷などや、高齢者の軽微な転倒による骨折に対する手術に2極化しています。
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) 44 0.75 13.91 31.82% 80.64 患者用パス
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 20 3.45 30.75 35.00% 63.10  
K1742 水頭症手術(シャント手術) 13 13.15 24.62 61.54% 74.38  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 12 9.67 32.50 25.00% 68.92  
K1761 脳動脈瘤流入血管クリッピング(開頭して行うもの)(1箇所)  
【解説】
最も多く行われたのは慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術でした。これは、頭部外傷後しばらくたってから、頭蓋骨と脳との隙間に血液がたまり脳を圧迫する病気です。頭を打って1~2ヶ月してから頭痛や麻痺などの症状が徐々に出てきます。局所麻酔で頭蓋骨に小さな孔をあけて、血腫を洗い流す治療を行います。
2位は脳動脈瘤頚部クリッピング術です。破裂し、くも膜下出血発症の場合、緊急手術になります。未破裂の動脈瘤の場合、定期手術で行われます。
水頭症手術はシャント術が主体となります。くも膜下出血の合併症として水頭症や、最近では突発性正常圧水頭症に対してシャント術が行われています。
脳腫瘍の症例に対しては頭蓋内腫瘍摘出術が行われます。
呼吸器外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 36 2.97 9.86 2.78% 69.03  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 16 2.81 11.38 0.00% 68.94 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 15 4.33 6.40 0.00% 37.40 患者用パス
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)  
K496-4 胸腔鏡下膿胸腔掻爬術  
【解説】
悪性腫瘍手術の多くは肺癌に対する肺葉切除術です。しかし極めて早期でリンパ節転移の可能性がほとんど無いと考えられる症例に対しては部分切除や区域切除など、切除範囲が小さく肺機能を温存した術式を行っています。ほとんどの症例を低侵襲な胸腔鏡下手術で行っています。根治性を損なうことなく低侵襲で安全性の高い手術を行うことに努めています。 患者さんが一人暮らし、遠方、高齢、体力が低下しているなどの場合、入院期間が長めになる傾向があります。手術リスクの高い患者さんでは手術合併症を減らすために術前後のリハビリや積極的な術後疼痛管理を少し長めの入院により行っています。結果として周術期患者さんの高いQOLの維持と速やかな社会復帰を実現しています。
心臓血管外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 21 0.00 1.00 0.00% 67.81  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 20 0.60 4.25 15.00% 77.20  
K5551 弁置換術(1弁のもの) 11 6.36 25.73 9.09% 68.64  
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上のもの) 10 13.70 19.60 0 68.20  
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの))  
【解説】
平成28年度の手術症例で最も多かったのは、下肢の静脈瘤に対する治療です、当科では平成28年からレーザーカテーテルによる静脈焼灼術を導入しました。
第2位は四肢の動脈拡張術で、これは、閉塞性動脈硬化症に対するバルーン拡張や、ステント留置、透析シャントの狭窄を拡張する手術を含みます。
第3位は心臓弁膜症に対する人工弁置換術で、人工心肺を用いて心臓停止下に行います。その中でも大動脈弁置換術が最も多くなっています。
第4位は狭心症に対して自己動脈および静脈を用いてバイパス術を行ったもので、当科では原則として、人工心肺を用いて心臓停止下に行っています。
第5位は腹部大動脈瘤に対する手術で、人工血管を用いて、全身麻酔下、開腹手術で行います。
産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K877 子宮全摘術 151 1.50 8.04 0.00% 50.19  
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) 40 1.00 9.65 2.50% 47.23  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 33 1.06 2.12 0.00% 35.33  
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式)) 20 1.50 6.00 0.00% 68.15  
K9121 子宮外妊娠手術(開腹によるもの) 14 1.50 10.79 0 27.00  
【解説】
第1位は子宮全摘術で良性疾患、子宮頚部異形成、上皮内癌、初期子宮体癌等に対しての子宮全摘術です。腹式子宮全摘術の他、膣式子宮全摘術も積極的に施行しています。
第2位は卵巣腫瘍の手術、開腹手術を行っています。
第3位は子宮頚部上皮内癌に対する円錐切除術です。
第4位は子宮脱手術で、膣式子宮全摘術+前後膣壁形成術の他、患者さんの状態に応じ膣閉鎖術等も行っています。第5位は子宮外妊娠手術で、卵管切除術、卵管温存術を開腹により行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 81 1.70 6.30 0.00% 20.80  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 21 1.48 7.33 0.00% 51.05  
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 16 2.44 2.75 0.00% 62.56  
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 11 1.36 7.82 0.00% 57.64  
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 1.22 7.44 0.00% 55.44  
【解説】
習慣性扁桃炎、いびき・睡眠時無呼吸症、IgA腎症などの扁桃病巣感染症に対して口蓋扁桃摘出術を行っています。周辺に入院、手術可能な耳鼻咽喉科がないため宮崎県北部地域ではほぼ当院にて施行しています。副鼻腔手術、外傷性疾患も同様です。
腫瘍などの頭頸部疾患に対しては、他病院と連携を行って加療にあたります。
皮膚科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 15 1.00 5.80 0.00% 83.73  
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2センチメートル未満) 12 1.08 1.92 0.00% 10.08  
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2センチメートル以上4センチメートル未満)  
K013-21 全層植皮術(25平方センチメートル未満)  
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3センチメートル以上6センチメートル未満)  
【解説】
皮膚悪性腫瘍手術は、有棘細胞癌、基底細胞癌、乳房外パジェット病などに対して行う手術です。切除マージンを十分につける必要があり、皮膚欠損部が大きく、縫合が困難な場合や縫合することで醜形を来す場合は植皮術や皮弁形成術を行います。
植皮術には全層植皮と分層植皮がありますが、関節部や顔面の場合は全層植皮術を行います。手術は主に入院で行っていますが、大きさが小さい場合はは日帰りの外来手術でも治療が可能です。
皮膚、皮下腫瘍摘出術は、良性腫瘍に対する手術ですが、大きさ、部位などの問題から、外来での切除が困難な腫瘍については、入院で行っています。その種類はさまざまで、脂肪腫、アテロームの症例が多いです。
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 52 1.52 3.08 0.00% 61.58  
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 39 1.21 4.23 0.00% 75.38  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 14 2.00 8.14 0.00% 64.71  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 12 1.58 12.33 16.67% 75.67  
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの)  
【解説】
手術数は上部尿路結石に対してホルミニウムレーザーを使用した経尿道的尿路結石除去術が最多でした。次いで膀胱癌に対して行った経尿道的膀胱腫瘍切除術が2番目に多い手術でした。腎癌や腎盂・尿管癌に対して行った腹腔鏡下腎摘出術や腹腔鏡下腎尿管全摘術が3番目に多い手術でした。結石や尿管狭窄等に対して行った尿管ステント留置術が4位になっています。
循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 201 2.35 3.07 2.99% 71.15  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 68 0.04 16.79 10.29% 70.49  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 61 2.62 9.77 6.56% 81.11 患者用パス
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 50 0.06 8.94 0.00% 71.08  
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 45 1.76 2.67 0.00% 70.07  
【解説】
年齢とともに動脈硬化は進みますが、糖尿病、高血圧、脂質代謝異常症、タバコ、遺伝などの要因により動脈硬化が促進されます。その結果、心臓を養う冠動脈に動脈硬化による狭窄が出現すると、その末梢の心筋は十分な血液を受け取れず、虚血(栄養や酸素の不足)状態になります。これが「狭心症」の状態ですが、さらに、動脈硬化が進展し血栓で閉塞すると、血流が途絶し、「心筋梗塞」を発症します。その間のつまりかかった状態が「不安定狭心症」です。
狭心症に対する予定された経皮的冠動脈ステント留置術が第1位です。そして、急性心筋梗塞に対するものが第2位,不安定狭心症に対するものが第4位でした。
これは、腕の血管から細いカテーテルを心臓の冠動脈まで進め、狭窄あるいは閉塞部位を拡張しステントを留置する方法です。これらカテーテル治療に、365日24時間対応しています。
第5位は冠動脈にステントは留置をしない、バルーン拡張のみの手術です。ステント留置術後の再狭窄症例が主な対象ですが、薬剤溶出性バルーンが近年上市され成績は向上しています。
第3位は徐脈性不整脈に対するペースメーカ植込術で、近年高齢化もあり増加傾向です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名入院契機症例数発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 24 0.32%
180010 敗血症 同一 55 0.73%
異なる 31 0.41%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 51 0.68%
異なる 11 0.15%
【解説】
敗血症は血液が細菌に感染することにより全身に炎症を起こす病気です。肺炎や尿路感染症、腹膜炎、悪性腫瘍などに合併する例が多いのですが、当院では敗血症そのもので入院された患者さんが多い傾向を示しています。当院では入院中に合併症を起こさない様にしていますが、患者さんを紹介、救急のみで受け付けているので重症な患者が多く、入院中に合併症になる患者さんも一定数いらっしゃいます。
手術・処置等の合併症の主なものは、動脈や透析用シャントの閉塞・再狭窄・機能低下・感染症の他、術後感染、術後出血 となっています。診療科で見ると心臓血管外科、内科、外科、整形外科が多く、これらで半数を超えてますが、いずれの診療科の手術も患者さんの負担が大きいため、患者さんの状態が良好でない場合は合併症がみられることがあります。
更新履歴
2018/09/26
「平成29年度 病院情報の公表」 作成

このページの先頭へ