総合 > 延岡病院の紹介 > DPCデータに基づく病院情報の公表

延岡病院の紹介

DPCデータに基づく病院情報の公表

平成27年度宮崎県立延岡病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 900 190 150 311 321 603 1159 1437 1164 195
定義
【項目1から7までの共通定義】
  • 集計対象は、平成27年4月1日から平成28年3月31日までの退院患者(入院日は問わない)であり、一般病棟に1回以上入院した患者
  • 入院した後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児、及び臓器移植は集計対象外
  • 医科レセプトのみもしくは歯科レセプトありの患者が対象
  • 10未満の数値の場合は、-(ハイフン)を記入。
【個別定義】
  • 一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の患者数を示す。
  • 平成27年4月1日時点で入院していればその日の年齢。4月1日以降に入院していれば入院日の年齢。
  • 年齢階級は90歳以上を一つの階級として設定
解説
  • 高齢化社会を反映して、60歳以上の患者さんの割合が全体の62%、70歳以上の患者さんの割合が43%となっています。
  • 一方、周産期センター、小児病棟を有していることから、10歳未満の患者さんの割合が14%となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
(自院) (全国)
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 126 11.56 17.69 0.79% 71.61
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 79 13.75 13.38 2.53% 67.96
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 58 18.48 14.34 24.14% 76.88
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 診断群分類とは、患者の病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類したものです。
  • それぞれの診療科が担当した診断群分類の中で入院患者数が多い上位3つをあげています。
解説
  • 当院内科は、呼吸器内科、血液内科、腎臓内科及び消化器内科に分かれます。
  • 患者が一番多い診断群分類は、非ホジキンリンパ腫に対してリツキサン注を行ったものです。
  • 次に多いのは肺の悪性腫瘍に対して手術や放射線治療はせず化学療法のみ行ったものです。
  • 三番目は肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎での入院です。
小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
(自院) (全国)
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 122 5.84 5.72 0.00% 1.83
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 96 6.29 6.31 1.04% 3.76
030270xxxxxxxx 上気道炎 46 4.93 4.83 0.00% 1.93
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 診断群分類とは、患者の病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類したものです。
  • それぞれの診療科が担当した診断群分類の中で入院患者数が多い上位3つをあげています。
解説
  • 入院患者が一番多いのは、肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎での入院です。
  • 次に多いのは、喘息です。
  • 三番目は上気道炎となっています。
外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
(自院) (全国)
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 26 5.27 4.51 0.00% 58.15
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 9.35 9.17 8.70% 72.87
060150xx03xx0x 虫垂炎 副傷病なし 22 8.32 5.56 0.00% 23.14
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 診断群分類とは、患者の病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類したものです。
  • それぞれの診療科が担当した診断群分類の中で入院患者数が多い上位3つをあげています。
解説
  • 患者が一番多い診断群分類は、直腸肛門の悪性腫瘍に対して、手術をせず化学療法で治療したものです。
  • 次に多いのは、ヘルニアの記載のない腸閉塞で手術や処置を行わなかったものです。
  • 三番目は虫垂炎の手術によるものです。
整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
(自院) (全国)
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 198 21.83 28.70 79.29% 83.59
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 48 24.94 27.21 56.25% 75.42
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)副傷病なし 26 23.15 24.95 57.69% 72.00
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 診断群分類とは、患者の病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類したものです。
  • それぞれの診療科が担当した診断群分類の中で入院患者数が多い上位3つをあげています。
解説
  • 入院患者が一番多いのは、股関節大腿近位骨折に対して手術を行うものです。
  • 次に多いのは、膝関節症に対して人工関節置換術を行うものです。
  • 三番目は股関節骨頭壊死や股関節症に対して人工骨頭挿入術や人工関節置換術を行うものです。
脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
(自院) (全国)
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 16.46 19.32 58.54% 69.68
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 13.50 10.02 22.22% 72.44
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 12.76 7.52 17.65% 51.56
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 診断群分類とは、患者の病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類したものです。
  • それぞれの診療科が担当した診断群分類の中で入院患者数が多い上位3つをあげています。
解説
  • 患者が一番多い診断群分類は、意識障害が比較的軽症な頭蓋内血腫です。
  • 次に多いのは、頭蓋・頭蓋内損傷に対して、穿頭術頭の手術を行うものです。
  • 三番目は、頭蓋・頭蓋内損傷に対して、手術をせず投薬等で治療したものです。
心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
(自院) (全国)
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 4.50 5.99 10.00% 69.65
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 手術・処置等2なし 18 3.06 3.40 22.22% 70.44
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 16 22.44 18.74 12.50% 67.50
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 診断群分類とは、患者の病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類したものです。
  • それぞれの診療科が担当した診断群分類の中で入院患者数が多い上位3つをあげています。
解説
  • 入院患者が一番多いのは、閉塞性動脈疾患に対して動脈塞栓除去術等を行ったものです。
  • 次に多いのは、手術・処置等の合併症でできた血栓に対して、内シャント血栓除去術等を行ったものです。
  • 三番目は解離性大動脈瘤があるが手術を要せず、ベッド上安静、血圧コントロールによる治療を行ったものです。
産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
(自院) (全国)
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術・処置等2なし 副傷病なし 94 4.70 6.17 6.38% 0.00
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 61 10.54 10.18 0.00% 44.33
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 49 9.88 13.97 0.00% 51.33
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 診断群分類とは、患者の病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類したものです。
  • それぞれの診療科が担当した診断群分類の中で入院患者数が多い上位3つをあげています。
解説
  • 患者が一番多い診断群分類は、妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2,500g以上)に対する新生児の入院治療です。
  • 次に多いのは、子宮良性腫瘍に対して、子宮筋腫摘出術等の手術を行ったものです。
  • 三番目は、子宮頸・体部の悪性腫瘍に対して、摘出手術を行って化学療法や放射線療法は行われなかったものです。
耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
(自院) (全国)
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 73 8.67 8.20 0.00% 18.74
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 35 5.69 5.53 0.00% 37.63
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 30 9.40 7.76 0.00% 55.07
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 診断群分類とは、患者の病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類したものです。
  • それぞれの診療科が担当した診断群分類の中で入院患者数が多い上位3つをあげています。
解説
  • 入院患者が一番多いのは、扁桃およびアデノイドの慢性疾患についてのものです。
  • 次に多いのは、扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎に対して手術をせず入院治療したものです。
  • 三番目は慢性副鼻腔炎に対して入院治療を行ったものです。
皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
(自院) (全国)
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 手術・処置等1なし 11 7.00 4.38 0.00% 38.73
03001xxx0110xx 頭頸部悪性腫瘍 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 11 13.27 14.02 0.00% 72.55
080140xxxxx2xx 炎症性角化症 手術・処置等2-2あり - - 3.08 - -
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 診断群分類とは、患者の病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類したものです。
  • それぞれの診療科が担当した診断群分類の中で入院患者数が多い上位3つをあげています。
解説
  • 患者が一番多い診断群分類は二つあり、その一つは、皮膚の良性新生物に対して、皮膚、皮下腫瘍摘出術等を行ったものです。
  • もう一つは、頭頸部悪性腫瘍に対して、頸部悪性腫瘍手術等を行い、化学療法や放射線療法等の処置を行ったものです。
  • 三番目は、炎症性角化症(インフリキマシブ投与あり)、急性膿皮症(手術なし)及び皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外-皮膚悪性腫瘍切除術あり)がそれぞれ7件ありました。
泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
(自院) (全国)
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 手術・処置等1なし 副傷病なし 61 5.92 5.91 1.64% 63.74
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 47 6.19 7.59 2.13% 78.21
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 24 8.54 7.90 4.17% 74.96
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 診断群分類とは、患者の病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類したものです。
  • それぞれの診療科が担当した診断群分類の中で入院患者数が多い上位3つをあげています。
解説
  • 入院患者が一番多いのは、上部尿路疾患に対して、経尿道的尿路結石除去術等を行ったものです。
  • 次に多いのは、膀胱腫瘍に対して、膀胱悪性腫瘍手術経尿道的手術を行ったものです。
  • 三番目は前立腺肥大症に対して経尿道的レーザー前立腺切除術を行ったものです。
循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
(自院) (全国)
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 232 3.60 3.07 0.86% 68.53
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 220 5.28 4.87 2.27% 69.89
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 109 3.17 3.22 2.75% 67.35
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 診断群分類とは、患者の病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類したものです。
  • それぞれの診療科が担当した診断群分類の中で入院患者数が多い上位3つをあげています。
解説
  • 患者が一番多い診断群分類は、狭心症、慢性虚血性心疾患に対して、心臓カテーテル法による諸検査を行ったものです。
  • その次は、狭心症、慢性虚血性心疾患に対して、経皮的冠動脈形成術を行ったものです。
  • 三番目は、狭心症、慢性虚血性心疾患に対して、心臓カテーテル法による諸検査を行ったものです。
救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用
パス
(自院) (全国)
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 3.58 - -
160450xx99x1xx 肺・胸部気管・気管支損傷 手術・処置等2あり - - 11.34 - -
160450xx97x1xx 肺・胸部気管・気管支損傷 手術・処置等2あり - - 20.14 - -
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 診断群分類とは、患者の病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類したものです。
  • それぞれの診療科が担当した診断群分類の中で入院患者数が多い上位3つをあげています。
解説
  • 入院患者が一番多いのは、薬物中毒(その他の中毒)となっています。
  • 他の診断群分類は、肺・胸部気管・気管支損傷、胸郭・横隔膜損傷、体液量減少症、徐脈性不整脈、前庭機能障害、てんかんとなってます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明
胃癌 12 - - 18 19 19 1 7
大腸癌 - - 12 22 24 48 2 7
乳癌 - 11 - - - 11 1 7
肺癌 - 14 21 99 - 32 1 6.7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • UICC病期分類: 国際対がん連合(UICC)によって定められた、①T-原発巣の大きさと進展度、②N-所属リンパ節への転移状況、③M-遠隔転移の有無の3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。
  • がん取扱い規約に基づく分類: 学会、研究会で作成している日本独自の分類で、消化器系では所属リンパ節についてUICC病期分類とは違う定義となっています。
  • 今回は、大腸がんのみ、がん取扱い規約に基づく分類とし、他のがんはUICC病期分類を適用しました。
解説
  • 「初発」とは、当院入院で、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指し、延べ患者数とします。
  • 「不明」とは、治療前の情報のみでは正確な病期分類ができていないことを指しているに過ぎず、病期分類ができなかったことを指しているわけではありません。初回治療完了前までに病期分類が確定している症例でも「不明」となることがあります。胃がん・大腸がんで「不明」件数が上がっていますが、実際の初回治療完了前までの病期毎の患者数は、
    胃がん   Stage I:19、Stage II:10、Stage III: -、Stage IV:19、不明:- 。
    大腸がん  Stage I:11、Stage II:15、Stage III:19、Stage IV:25、不明:- 。
    となっており、ほとんど病期分類されています。
  • 「再発」とは、初回治療が完了した後、当院で患者を診察した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指し、延べ患者数となっています。同じ患者でも遠隔転移が認められると再度カウント(大腸がんで同一患者で13件等)されることになります。実患者数で整理すると、再発患者数は、胃がん12名、大腸がん15名、肺がん17名となっています。
  • 肺がんに関しては、手術が必要となった場合は他院を紹介して、当院では化学療法や放射線治療を行っていましたが、平成28年7月より呼吸器外科を新設し、手術可能となりました。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均在院日数 平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 13 13.23 70.92
重症度 2 13 24.92 81.85
重症度 3 11 15.18 81.55
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎のことを指します。当院内での発症は含みません。
  • 重症度は、身体所見、年齢による肺炎の重症度分類(A-DROPシステム)により、年齢性別や血液中の酸素濃度、脱水症状の有無、意識障害の有無等で0~5または不明に分類しています。数字が大きいほど重症になっていきます。
解説
  • 嚥下性肺炎やウイルス性肺炎は含まれず市中肺炎のみの統計となります。
  • 重症度が上がるほど、平均在院日数が上がるはずですが、当院の重症度2の平均在院日数は24.92日となっており、重症度3よりも長期となっています。
    これは昨年度重症度2の患者さんで非常に突出した長期入院ケースがあったために起こった事象であり、そのデータを除外すると、平均在院日数は14.08日となり、重症度との相関関係を裏付ける結果となります。
脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院
日数
平均
年齢
転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 22 17.55 70.82 45.45%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 19 12.37 68.89 5.26%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • ICD(International Classification of Diseases)とは、国際疾病分類のことで、最新版がICD10です。
  • 発症日から「3日以内」「その他」に分けた数値を記載していますが、発症日から「3日以内」「その他」に分けて10未満になる場合は、分けずに合計した数値を記載します。
  • 「転院」は、退院先が「他の病院・診療所への転院」であることとし、転院率=転院患者数/全退院数 とします。
解説

閉塞及び狭窄とは脳の血管が詰まり、血流がストップした状態、すぼまって狭い状態を指し、脳梗塞はさらに血流がストップした状態で脳組織が壊死(梗塞)した状態になります。
当院では24時間受付の救急外来があり、脳梗塞を発症から3日以内に受診された重症な患者が多くなっています。
一方、他院との地域連携により閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らない患者も同程度おり、発症より3日以内に受診されていない患者の軽症での治療も行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
内科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K610-3 内シャント設置術 39 9.13 12.87 17.95% 69.54
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 34 1.62 2.06 0.00% 69.62
K533-2 食道・胃静脈瘤結紮術(EVL) 14 0.57 11.93 7.14% 61.86
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • それぞれの診療科が行った手術の中で患者数が多い上位3位をあげています。
解説
  • 人工透析を行うにあたり、動脈と静脈をつなぎ合わせて動脈の強い流れの血液を一部静脈に流すことで、透析に必要な血液を取り出せるようにし、動脈から静脈へ直接血液が流れる通り道(シャント、通常は手首の付近)を作る手術を内シャント設置術といいます。
  • 内視鏡を使用して、結腸ポリープの切除を行っています。また、内視鏡を通して緊急時あるいは予防的に食道・胃静脈瘤自体を小さな輪ゴムで止めることにより静脈瘤の血流を遮断し廃絶治療します。
小児科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7151 腸重積症整復術 10 0.70 1.80 0.00% 1.60
K300 鼓膜切開術(両側) - - - - -
K384-2 深頸部膿瘍切開術 - - - - -
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • それぞれの診療科が行った手術の中で患者数が多い上位3位をあげています。
解説
  • 腸重積症は2歳位までの乳児に発症することが多い病気で、腸が腸の中に入り込み発症すると考えられています。非観血的整復法とは、おしりから造影剤や生理的食塩水を注入したり、空気を注入して入り込んだ腸を押し戻して腸重積症を治す方法です。
  • そのほかの手術はいずれも10件未満となります。中耳炎が原因で鼓膜の内側にたまった膿や滲出液を体外に流す鼓膜切開術等が行われています。
外科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 29 1.28 4.24 0.00% 45.38
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 7.19 8.56 0.00% 68.96
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 25 0.72 1.08 0.00% 71.12
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • それぞれの診療科が行った手術の中で患者数が多い上位3位をあげています。
解説
  • 鼠径ヘルニアは一般には「脱腸」と呼ばれ、腹膜や腸の一部が、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。外科で一番多い手術です。
  • 次に多いのが、胆石症や胆嚢ポリープの治療として行われる腹腔鏡を使った胆嚢摘出術です。
  • 三番目は内視鏡的結腸ポリープ粘膜切除術、結腸切除術(表では省略)です。
整形外科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 154 1.67 20.99 71.43% 80.73
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 80 1.49 16.71 83.75% 82.88
K0821 人工関節置換術(股) 79 1.24 22.68 55.70% 74.51
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • それぞれの診療科が行った手術の中で患者数が多い上位3位をあげています。
解説
  • 一番件数の多い手術は、骨折観血的手術肩甲骨、上腕、大腿となります。骨折している部位を切開し、骨を正常な位置に戻した後、ワイヤーやチタンプレート、ネジなどで固定するのが一般的です。
  • 次に多いのが、人工骨頭挿入術肩、股となります。人工骨頭置換術は、折れている骨(骨頭)を取りのぞいて人工物でできた骨頭に置きかえる手術です。
  • 三番目に多いのが、人工関節置換術ですが、関節全体を人工物に取り替える手術となります。
脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 49 1.24 11.49 20.41% 79.59
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 20 3.60 22.85 15.00% 63.20
K1742 水頭症手術(シャント手術) 18 10.67 21.89 61.11% 63.11
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • それぞれの診療科が行った手術の中で患者数が多い上位3位をあげています。
解説
  • 一番多い手術が、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫とは、頭部外傷により硬膜下に血液がたまり、受傷後頭痛、認知機能障害、片麻痺(歩行障害)などの症状が出現する病気ですが、頭蓋骨に1円玉程の小さな穴を開け、チューブを挿入し血腫を洗い流す手術となります。
  • 二番目が、頭蓋内腫瘍摘出術(その他) になります。その他とは、 松果体部腫瘍以外の腫瘍を指します。
  • 三番目が水頭症手術(シャント手術)となります。水頭症とは、脳脊髄液の血管への吸収が不充分になったりして,脳室に髄液が多量にたまってしまった状態をいいます。シャント手術は、バイパスを作って、たまった脳脊髄液を体内の他の場所へ逃がしてやる手術です。
心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K616 四肢の血管拡張術 28 0.43 2.57 14.29% 70.36
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 24 11.38 23.33 4.17% 71.79
K5551 弁置換術 1弁のもの 14 12.79 22.64 14.29% 68.50
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • それぞれの診療科が行った手術の中で患者数が多い上位3位をあげています。
解説
  • 一番件数の多い手術は、四肢の血管拡張術・血栓除去術です。
  • 二番目は、冠動脈バイパス移植術(2吻合以上)です。
  • 三番目は、弁置換術(1弁のもの)となります。
産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K877 子宮全摘術 131 1.36 8.24 0.00% 49.04
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 102 9.47 8.72 3.92% 31.38
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 52 1.58 10.06 1.92% 49.06
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • それぞれの診療科が行った手術の中で患者数が多い上位3位をあげています。
解説
  • 一番件数の多い手術は、子宮全摘術です。
  • 二番目は、帝王切開術(緊急帝王切開)です。
  • 三番目は、子宮附属器腫瘍摘出術(両側、開腹)となります。
耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 69 1.70 6.13 0.00% 19.03
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 19 1.84 7.21 0.00% 57.89
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術) 15 1.13 6.47 0.00% 54.47
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • それぞれの診療科が行った手術の中で患者数が多い上位3位をあげています。
解説
  • 一番件数の多い手術は、口蓋扁桃手術(摘出)です。
  • 二番目は、内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)です。
  • 三番目は、内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術)となります。
皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 19 1.00 10.21 0.00% 75.95
K0052 皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0063 皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) - - - - -
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • それぞれの診療科が行った手術の中で患者数が多い上位3位をあげています。
解説
  • 一番件数の多い手術は、皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)です。
  • 二番目は、皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満)です。
  • 三番目は、皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上)となります。
泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(1レーザーによるもの) 62 2.52 3.82 3.23% 66.02
K8036ロ 6.膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 ロ その他のもの 46 1.04 4.20 2.17% 77.87
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 23 1.00 6.65 4.35% 74.35
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • それぞれの診療科が行った手術の中で患者数が多い上位3位をあげています。
解説
  • 一番件数の多い手術は、経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの)です。
  • 二番目は、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)です。
  • 三番目は、経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの)となります。
循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 179 2.68 3.13 3.35% 69.76
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 96 0.06 18.23 6.25% 70.99
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 48 3.31 8.52 14.58% 80.46
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • それぞれの診療科が行った手術の中で患者数が多い上位3位をあげています。
解説
  • 一番件数の多い手術は、経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの)です。
  • 二番目は、、経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの)です。
  • 三番目は、ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合)となります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 14 0.21%
180010 敗血症 同一 48 0.71%
異なる 12 0.18%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 63 0.93%
異なる - -
定義
【項目1から7までの共通定義】
【個別定義】
  • 「同一区分」とは、入院の契機である疾患と入院中の主な治療目的の疾患(DPC病名)が同一か異なるかということ。
  • 「発生率」とは、同一性の有無を区別した各症例数÷全退院患者数。
  • 播種性血管内凝固症候群(DIC)は、様々な重症の基礎疾患により、全身の血管内で血栓ができる病態です。当院では、何らかの原疾患の治療中にDICを発症して入院となった患者さんがほとんどです。
  • 敗血症は血液が細菌に感染することにより全身に炎症を起こす病気です。肺炎や尿路感染症、腹膜炎、悪性腫瘍などに合併する例が多いのですが、当院では敗血症そのもので入院された患者さんが多い傾向を示しています。
  • 手術・処置等の合併症の主なものは、動脈や透析用シャントの閉塞・再狭窄・機能低下・感染症の他、MRSA術後創部感染、術後出血 となっています。診療科で見ると心臓血管外科が半数を示していますが、心臓血管外科の手術は患者さんの負担も大きいため、患者さんの状態が良好でない場合は合併症がみられることがあります。
更新履歴
2016/09/27
平成27年度 宮崎県立延岡病院 病院指標 公表

このページの先頭へ