総合 >  各診療科等の紹介  > 放射線科

放射線科

放射線科の紹介


 放射線科は各診療科から依頼のあった患者さんの診断用画像(一般撮影・CT・MRI・RI等)の提供と、低侵襲で患者さんのQOLを重視した放射線治療を行っています。

また、心臓・脳・腹部の血管造影検査や動脈瘤等の術中撮影も行っています。 

 

業務概要

1.X線一般撮影検査

X線一般撮影検査.jpg

 X線を使って体内の様子を調べる検査です。X線写真は骨は白く、空気が多い肺などは黒く写ります。胸部・腹部の撮影では肺や心臓、腸などの臓器の状態を、骨の撮影では骨折や関節の状態を画像化し診断します。

 

2.マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査.jpg

 マンモグラフィとは乳房のX線撮影検査のことで、専用の装置を使って撮影をします。乳房を圧迫して撮影します。圧迫する時は多少の痛みを伴いますが薄くすることで乳腺の重なりが少なくなり、病変の状態が良く分かるようになります。

 

3.ポータブル撮影検査

ポータブル撮影検査.jpg

 移動式のX線撮影装置を用いて、重傷の救急患者さんや入院中で移動が制限されている患者さんのX線撮影検査を行います。

 

4.CT検査

CT検査.jpg

 CTとは、Computed Tomography(コンピューター断層撮影)の略です。CT検査はエックス線を使って身体の断面を撮影する検査で体内の様々な病巣を発見することができます。特に心臓、大動脈、気管支・肺などの胸部、肝臓、腎臓などの腹部の病変の描出が優れています。

 

5.MRI検査

MRI検査.png

 MRIはエックス線は使用せず、強い磁石と電磁波を使って体内の状態を断面像として描写する検査です。しかし、ペースメーカーや金属が体内に入っている方や閉所恐怖症の方などは検査ができない場合があります。検査前に確認が必要です。

 

6.血管造影検査

血管造影検査.jpg

 血管造影検査は動脈(静脈)から細い管(カテーテル)を挿入し、造影剤で血管を撮影する検査です。この検査により動脈瘤や病巣、血管の狭窄等の大きさや位置を確認することができます。また、これらの病変に対して血管を塞栓したり抗がん剤を注入する治療も行われます。

 

7.心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査.jpg

 心臓カテーテル検査とは、細い管(カテーテル)を肘、手首または足のつけねから心臓に血液を供給している動脈の入り口まで通し造影剤を注入してX線撮影を行います。血管に細い部分や詰まっている部分があるか確認し、細い部分は広げたりするなど治療することもできます。

 

8.核医学検査

核医学検査.jpg

 微量な放射線を放出する物質を組み込んだ薬を体内に投与し、カメラを使って身体から出る放射線を画像化する検査です。病気の種類や検査の目的に合わせた薬を投与するため、検査前の制限があったり投薬から検査開始までの時間、検査時間が異なります。

 

9.放射線治療

放射線治療.png

 放射線治療とは、放射線を使って腫瘍細胞を死滅させたり痛みを和らげる治療です。手術と異なり体を切らないので患者さんへの身体的負担は少なく、機能や形態の温存を可能にする治療法です。治療期間が4~6週間と長期に渡りますが通院でも治療することができます。


 

 

このページの先頭へ